PayPayをペイディと連携し後払いチャージする|連携で3回払い分割可能

PayPayをペイディで後払いする方法|簡単登録で高額商品や分割にも対応
  • URLをコピーしました!

ペイペイでお願いします。

日本での電子決済サービスの利用者は、PayPayが圧倒的に多いそうです。

MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)の「2021年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」によってもダントツの利用者数なのが確認できるかと思います。

「最も利用しているQRコード決済サービスは何ですか?」の回答です。

QRコード決済を現在利用している人
MMD研究所調べ

PayPayが圧倒していますね。

基本的にPayPayは、チャージするかポイントでしか決済できません。

ですから、利用可能額以上の支払いはできないシステムです。

ところが、決済サービス大手のペイディと連携させることで後払いでの利用が可能になったのです。

この記事でわかること

  • PayPayとペイディを利用する方法
  • PayPayとペイディを連携させ紐づけさせるやり方
  • PayPayが後払いで使えるお店やネット通販

その方法はとても簡単なので、こちらで解説したいと思います。

目次

PayPayにペイディを連携紐付けすると後払いが可能

PayPayでペイディの後払いが可能になる

PayPayはソフトバンク・ワイモバイルの「まとめて支払い」というキャリア決済でしか後払いはできませんでした。

ところが、アマゾンなので後払いを提供している、BNPL決済サービス「ペイディ」と連携されるだけでPayPayでも利用できるようになったのです。

ペイディは、後払いを専門にする決済サービス企業で、スマホさえあればだれでも簡単に利用できます。

ペイディの仕組みは、利用した分は基本翌月10日までにまとめて支払うことができ、数分の簡単な本人確認をすることで高額商品や3回払いも可能になるのです。

こちらで詳しく解説していますが、ペイディに登録し本人確認の「ペイディカード(どこでもペイディ)」にグレードアップすることにより利用できるようになります。
※どこでもペイディはペイディカードに名称が変更になりました。

ペイティはペイパル傘下になったので安心

ペイディという会社を聞いたことがなく、不安になっている人もいるかと思います。

ペイディは、フィンテック企業として伊藤忠商事を中心とした多くの大企業から出資を受け設立されました。

今まで後払いをしてこなかった、アマゾンやビックカメラなどでも後払いができるようになり、ネット通販がますます便利になったのです。

そして、2021年9月にアメリカのナスダックにも上場しているペイパルに買収され100%子会社になったというニュースが飛び込んできました。

ペイパルは、欧米などを中心に電子決済や送金サービスを展開しているフィンテック企業です。

現金やVISAカードなどの情報をペイパルに移すことにより、デジタルウォレットのように決済や送金ができます。

日本でも「Qoo10」などのネット通販などで利用できるので、見かけたり使っている人もいるのではないでしょうか。

なお、ペイパルは、キャッシュフローも年々増加している黒字優良企業なので潰れる心配は皆無です。

ペイパルのうんちくを少しだけ

テスラやスペースXの創設者で有名なイーロン・マスク氏は、ペイパル前身の「X.com」を創設し、初期ペイパルでもCEOを務めていました。
そして、ペイパルが買収された資金1億6500万ドル(約180億円)がスペースXの設立資金だったのは有名な話。

また、今やなくてはならなくなったユーチューブ(YouTube)やここで紹介しているペイディのような決済サービスのアファーム(Affirm)の創業者などもペイパルの創業メンバーです。

PayPayでペイディを利用するだめの前準備

人によっても違いますが少しだけ前準備は必要です。

順番に説明しますがスルーできる人はスルーして先に進んでください。

PayPayアプリの登録

PayPayにペイディを登録するので当たり前ですが、PayPayアプリへの登録は必須です。

スマホがあれば、24時間誰でも簡単に登録できます。

PayPay登録の流れ
  1. PayPayアプリをダウンロード
  2. 電話番号と暗証番号を登録
  3. SIM認証で4桁の番号を入力
  4. 登録完了
PayPay-ペイペイ(電子マネーでスマートにお支払い)

PayPay-ペイペイ(電子マネーでスマートにお支払い)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

ペイディアプリに登録する方法

次に、ペイディアプリに登録して2つを連携(紐づけ)させる準備は完了です。

ペイディ登録の流れ
  1. ペイディアプリをダウンロード
  2. メアドと電話番号を入力
  3. SIM認証で4桁の番号を入力
  4. 登録完了
ペイディ (Paidy) - スマホでかしこくあと払い

ペイディ (Paidy) – スマホでかしこくあと払い

Paidy Inc.無料posted withアプリーチ

アマゾンなどで利用する際は、あらかじめペイディへの登録は必要ありません。
商品を選択後、ペイディを選択すると同じような流れです。
その場合は、アマゾンへの登録情報で瞬時ですがAI与信(人工知能)で審査されます。

ペイディカード(どこでもペイディ)で本人確認する

「ペイディカード(どこでもペイディ)」に登録すると、iPhoneやゲーム機などの高額商品の購入や手数料が要らない3回払いが利用可能になります。

本人確認は簡単ですが、運転免許証またはマイナンバーカードのどちらかが必要です。

ペイディ本人確認の流れ
  1. 身分証をスマホで撮影
  2. 顔をスマホで撮影
  3. 必要項目を記入
  4. 登録完了

私の場合は1分ほどでアプリとメアドに連絡がきました。
※未成年の方は親権者の同意を取得の上お申込みください。

もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事で解説しています。

PayPayにペイディを登録し紐付けする手順

「ペイディカード(どこでもペイディ)」に登録できたら、後はPayPayにペイディを登録し紐づけするだけです。

とても簡単なのでペイディからPayPayへの登録を順番に解説していきます。

ペイディを連携する手順

ログインしたら手順どおりで簡単に終了します。

STEP
ペイディにログイン
STEP
アカウントクリックし「ペイディカード(どこでもペイディ)」をクリック
STEP
VISAカードの番号をメモし「PayPay」をクリック
VISAカードの番号をメモし「PayPay」をクリック

「ペイディカード」VISAカードの「目玉マークをクリック」すると番号や有効期限、セキュリティコードが表示されます。
コピーできない機種もあるので、その番号をメモしておきましょう。
この番号は、PayPayの登録で必要になるので必ずメモしておいてください。

ペイディの登録手順

PayPayアプリに移動し登録を続けます。

STEP
ayPayアプリ下部の「管理」などをクリックし「カード追加」をクリック
PayPayアプリ下部の「管理」などをクリックし「カード追加」をクリック
STEP
「カード番号を直接入力する」をクリックしカード番号と有効期限などを直接入力する
「カード番号を直接入力する」をクリックしカード番号と有効期限などを直接入力する
STEP
登録完了
登録完了

登録自体は時間にして5分ほどで完了しました。
本人認証をしないと5000円が上限です。

利用条件は5,000円まで増額するには本人認証が必要

利用条件は5000円まで増額するには本人確認が必要

現在の利用上限は、5,000円となっています。

増額するには本人確認(3Dセキュア)をする必要があるようです。

これはPayPayの仕様なので、もっと使いたい人は本人認証(3Dセキュア)で限度額を上げてください。

なりすましの防止になりますので、本人認証(3Dセキュア)は推奨されています。

本人認証(3Dセキュア)は、発行元でおこなう必要がありますが、ペイディーでのやり方は調査中です。

プリペイドVISAカードでもできる場合が多いのでわかり次第こちらでお伝えします。

PayPayにペイディをチャージして後払いが利用できるお店

最初に紹介したように、PayPayの電子決済サービスの利用範囲は広いです。

ペイディでチャージしたからといって狭まるものではありません。

コンビニなど実店舗はもちろん、ネット通販での支払いにも使えます。

後払いで利用する場合は、上で紹介したように、PayPayにペイディを登録しPayPay残高に後払いでチャージしてから利用してください。

やり方を知らない人もいると思うので利用方法を紹介します。
知っている人は当たり前なのでスルー推奨。

後払いチャージしてコンビニなどの実店舗でコード決済する方法

スマホがあれば実店舗でのコード決済で支払いが簡単にできます。

普段のPayPay払いと同じように、買い物しレジで支払う際に店員に見せるだけです。

リアル店舗での支払いの流れ
  1. レジで「ペイペイでお願いします」と伝える
  2. スマホ画面のバーコードを表示する
  3. スキャンしてもらう
  4. 買い物が完了

コード決済は、レジなどで読み取ってもらい清算します。

セブンイレブンなどは両方のアプリを連携するだけでお得も2倍になるのでおススメ。

セブンイレブンアプリからPayPayで支払うとクーポンも使え、ポイントもダブルで貰えるのでポイ活では必須です。

詳しくはこちらの公式で説明しているのでご覧ください。

PayPayはポイ活でも知らず知らずのうちに簡単に貯まるので人気です。

ネット通販やネット経由でPayPayを後払い利用する方法

PayPayはネット通販でも利用できます。

ネットでの支払いはPayPay残高でしかできませんので、予め、ペイディで後払いチャージしておいてください。

ネット通販での支払いの流れ
  1. 買い物を終え支払い画面で「PayPay」を選択
  2. PayPayアプリが起動する
  3. 金額を確認し「支払う」をクリック
  4. 元の支払い画面に戻り支払い完了

デリバリーサイトの急場しのぎで使える方法

この方法は、ウーバーイーツや出前館のようなデリバリーサイトでも注文することができます。

お金がなくてお腹が空いたときの急場しのぎに覚えておいて損はない方法です。

PayPayでのオンライン決済はヤフー系列では充実していますが、その他のネット通販での利用できる範囲は実店舗に比べるとまだまだ少ないです。

実際、実店舗が運営しているようなオンライン家電量販店やネットスーパーなどではPayPayでの決済ができないところも多いのでこれからなのかもしれません。

まとめ

以上が、PayPayにペイディを登録し後払いをする方法でした。

未成年や学生さん、理由があってクレカを使いたくない人は意外に多いです。

意外に簡単にできるので、登録するだけなら一切料金もかかりませんし、もしもの時に備えておくのもアリだと思います。

また、同じような方法でTマネーにペイディを連動させる方法もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次