\ お買い物マラソン開催中! /

「だれでもモバイル」審査なしで本人名義のスマホが持てる|携帯ブラックOK!

「だれでもモバイル」審査なしで本人名義のスマホが持てる|携帯ブラックOK!
  • URLをコピーしました!

携帯料金を支払わないと、電話回線を止められてしまいます。

昔はキャリアを変えると、変えた方のキャリアでは利用できました。

けれども、今ではどのスマホ回線事業者に変えようとしても、携帯料金を滞納したままでは利用できなくなっています。

なぜなら、ほぼすべてのスマホ回線事業者がTCA( 電気通信事業者協会)やTELESA(テレコムサービス協会)に加盟していて、顧客を共有しているからです。

新たに新規登録する場合は、未払い情報の有無をチェックされるのです。

支払っていないと、新規登録できない仕組みになっています。

いわゆる、「携帯ブラック」というやつですね。

因みに、金融機関ではないのでTCAは携帯料金を払えってしまえば、そのブラック情報はきれいに消えます。

逆に言うと、支払わない限りスマホの契約はできなくなります。
噂では5年で時効らしいですが定かではありません。

しかし、スマホは現金がなくても暮らしていける現在の生活にはなくてはならないツールです。

この記事では、今現在スマホ料金を滞納したままだけど、どうしてもスマホを使いたい人のために、スマホを持つ方法や契約方法を紹介しています。

ここでの情報は、犯罪系の裏ワザやグレーな方法ではなく、すべてが正規の方法なので安心してください。

目次

携帯ブラックになった人が本人名義のスマホを持つ方法は?

携帯ブラックになった人が本人名義のスマホを持つ方法は?

スマホの料金を支払わないと電気通信事業者協会(TCA)に加盟しているスマホ回線事業者すべてがわかる仕組みです。

ですから、通信会社の支払いをしていないと、他のスマホ事業者の回線を契約することができません。

俗にいう「携帯ブラック(TCAブラック)」というやつです。

しかし、未納になっている通信料金を支払えば、すぐにホワイトになるシステムなのでクレカのようにクレヒスに傷がつくことはありません。

因みに、バックレてしまった場合は5年で時効との噂です。

但し、時効になったとしても通信料金を支払っていないスマホ回線事業者からは登録できないと思います。

しかし、何かの事情で、スマホ料金は払っていないけど、どうしてもスマホが必要という人もいるでしょう。

携帯ブラックがスマホを持つ5つの手段

そんな人がスマホを持つ手段は5つあります。

  • 家族や友達に契約してもらう
  • レンタルスマホを借りる
  • プリペイドSIMを買う
  • TCA非加盟通信会社の回線で契約する

家族や友だちに契約してもらう以外の方法を、次の項から説明しています。

それぞれに特徴がありますので、全部の中でどれが自分に合ってるのか比べてみてください。

レンタルやプリペイドのスマホは携帯ブラックでも利用可能

レンタルやプリペイドのスマホは携帯ブラックでも利用可能

レンタルスマホやプリペイド携帯をご存じですか?

携帯料金の支払いができなくなった携帯ブラックの人が頼る、最初に思いつく方法だと思います。

手軽に使えて便利そうに思いますが、意外に不便なのです。

わかりやすく、レンタルスマホやプリペイドスマホそれぞれのメリットとデメリットで比較してみました。

レンタルスマホのメリットとデメリット

レンタルスマホはそのレンタル携帯会社の名義になっているスマホ回線です。

SIMカードだけを借りる場合とスマホと一緒に借りる場合があります。

レンタルスマホのメリット
  • 身分証のみで誰でも簡単に借りられる
  • すぐに利用可能
  • 090番や080番の携帯番号も付いている
  • 日割りも可能で縛りなどもない
  • 郵送でもレンタル可能
レンタルスマホのデメリット
  • ネットやコンビニで簡単に購入可能
  • 本人名義の回線ではない
  • 長期間だと結構なお金がかかる
  • まとまった初期費用が必要

プリペイド式のスマホのメリットとデメリット

プリペイドスマホは、前払いのポイントをチャージして利用するタイプのスマホです。

SIMフリースマホにプリペイド式のスマホ専用のSIMカードを使って利用します。

090などから始まる携帯番号がなく、050番から始まるIP電話しか使えないSIMが支流です。

プリペイドスマホのメリット
  • アマゾンなどECモールでも買える
  • 数日間のかけ放題プランが多い
  • 値段設定がわかりやすい
プリペイドスマホのデメリット
  • 1日のデータ量が決まっているプランが多い
  • チャージ分や期限内しか使えない
  • ほとんどがデータ通信専用のSIMカード
  • IP電話しか使えない
\お買い物マラソン開催中!/
楽天市場

「だれでもモバイル」は審査がなく本人名義のスマホが契約できる

「だれでもモバイル」は審査がなく本人名義のスマホが契約できる

「だれでもモバイル」は、レンタルスマホやプリペイド式スマホの良いとこどりの形態で最近話題のスマホ回線事業者です。

キャリア携帯が持てなくなった人でも安心して契約でき、携帯ブラックの人でも自分名義の携帯が持てます。

利用状況に応じて、4つのプランが用意されています。

「だれでもモバイル」はこんな人に向いている

  • 大手キャリアで契約が出来ないと諦めている人
  • クレジットカードを持ってなくスマホが作れない人
  • レンタルスマホを利用中でコストがかかっている人
  • プリペイド携帯で期限を気にしている人

スマホ回線が作れなく、Wi-Fiでしか利用できなくなってしまった方やレンタルやプリペイド携帯の人でも、自分名義のスマホを持つことができます。

「だれでもモバイル」の特徴

  • 審査不要で本人名義の携帯が持てる
  • 18歳以上で身分証と銀行口座があれば誰でも契約可能
  • 4つの料金プランから選べる
  • 全プランかけ放題付き
  • クレカは必要なく口座振替
  • レンタルやプリペイドより安い

「だれでもモバイル」は、名前の通り誰でもスマホの契約ができます。

しかも、契約時の審査は不要です。

当然、音声SIMの契約になります。

「だれでもモバイル」が審査不要の理由

「だれでもモバイル」が審査不要の理由

「だれでもモバイル」は、携帯ブラック(TCAブラック)の人でも本人名義のスマホ回線が契約できます。

しかも、クレジットカードも不要。

なんで本人名義なのに審査がないの?

審査がないことを不思議に思う人も多いと思います。

その答えは簡単です。

「だれでもモバイル」は、4大キャリア以外の格安スマホ通信事業者が参加している電気通信事業者(MVNO)に加盟していますが料金未納者情報の顧客を共有していないからです。

上でも紹介しましたが、キャリア携帯やほとんどのスマホ回線事業者は、TCAやMVNOに加盟していて利用者の通信料などの未納している人の情報を共有しています。

そして、携帯料金未納があると他のスマホでも契約できなくなっているのです。

しかし、「だれでもモバイル」は、その未納情報の共有せず無審査なので契約することができます。

そして、審査がないもう一つの理由は、先払いの料金体系なので支払遅延ということがないシステムになっています。

因みに「だれでもモバイル」のSIMカードは、SIMロック解除された端末のみ使用可能です。

また、docomo製のスマホはSIMロック解除は不要になっています。

「だれでもモバイル」の初期費用や料金プラン

「だれでもモバイル」の初期費用や料金プラン

「だれでもモバイル」の料金プランは4種類用意されています。

ご自身の生活スタイルに合わせてご利用してください。

契約する際に、事務手数料等は必要ありませんが、初期費用で2か月分の金額が必要です。

料金を抑えたい人向け一番人気のプラン動画やゲームをする人容量を気にしない人
3GBプラン
3GB+かけ放題
5GBプラン
5GB+かけ放題
10GBプラン
10GB+かけ放題
20GBプラン
20GB+かけ放題
初月0円初月0円初月0円初月0円
2か月目
3,000円
2か月目
4,000円
2か月目
5,000円
2か月目
6,000円
3か月目以降
5,500円
3か月目以降
6,160円
3か月目以降
7,810円
3か月目以降
11,110円

初月が無料なので、初回には2か月目の金額を支払います。

その金額が2か月間の通信料金で、それ以降が3か月目の支払い金額です。

データ容量が余った場合、翌月まで繰り越しが可能となります。

また、データ容量を使い過ぎてオーバーしてしまった場合でも、臨時追加が可能です。

データ容量の臨時追加データ容量の臨時追加
1か月有効の1Gクーポン3か月有効の1Gクーポン
1,100円1,610円

データの追加分は、翌月に追加されます。

↓公式サイトを見てみる

「だれでもモバイル」契約方法はネットで完結

「だれでもモバイル」契約方法はネットで完結

「だれでもモバイル」の契約は、すべてネット上で完結できます。

当然ですが、SIMカードだけなのでスマホはご自身で用意してください。

契約して料金を支払うと、SIMカードが契約した住所に送られてきます。

契約時に必要なのは身分証と銀行口座のみ

契約時に本人確認用に、写真付きの身分証の画像をアップロードする必要があります。

いずれかの身分証
  • 免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 障がい者手帳
  • 在留カード
  • 外国人登録証(永住)
    など

最初のweb登録時に銀行振替の登録するので、銀行口座番号などの入力も必要です。

「だれでもモバイル」契約の流れ

webサイト上で、指示に従って記入するだけです。

  1. お申し込みフォームから必要事項を記入する
    • 氏名
    • 生年月日
    • メールアドレス
    • 住所
    • 本人確認書類(画像)をアップロード
  2. 希望のパケットプラン
    • 音声SIMプラン
      • 3GB_5500円
      • 5GB_6160円
      • 10GB_7810円
      • 20GB_11110円
    • 希望時期
      • 早急に欲しい
      • 1〜2週間以内
      • 1ヶ月以内
      • 特になし
    • インターネット環境
    • 機種
      • iPhone
      • Android
      • なし
  3. 各種規約に同意する
  4. 確認メールに同意する
  5. 銀行口座登録
  6. 料金を支払う
  7. 料金確認後すぐに発送される
  8. 到着後すぐに利用可能

\公式サイトはこちら/

携帯ブラックでも契約できるスマホ通信事業者一覧

携帯ブラックでも契約できるスマホ通信事業者一覧

上で紹介した「だれでもモバイル」など格安スマホ通信事業者が属している電気通信事業者(MVNO)。

他のスマホ回線事業者も、料金未納者情報の顧客を共有していないスマホ通信事業者が存在しています。

下記の2つのスマホ通信事業者は、最後の砦として他社では契約できなかった人への実績がすでにあります。

いわゆる携帯ブラックでも契約できる可能性は高いです。

下記のスマホ通信事業者は、個人差はあるけど契約できる可能性があります。

必ず契約できるわけではないので自己責任でお願いします。

まとめ

携帯ブラックでも無審査でスマホを持つ方法の情報は以上になります。

「だれでもモバイル」は、本人名義のレンタル携帯の位置づけでしょうか?

今までありそうでなかった形態ですね。

先払いシステムなので、支払い遅延は基本的にありません。

しかし、データ容量を臨時追加した場合のみ後払いになるので、もし追加したときの支払いは忘れないようにしましょう。

携帯ブラックでなくても、内緒で1台持ちたい方や短期間持つ場合などでも気軽に契約できるのは便利ですよ。

また、知り合いに相談されたり、通信料金が高額になり今だけどうしても払えないときの急場しのぎとして覚えておくのもありだと思います。

今の時代、スマホがないと生きていけないほど便利なツールになりました。

くれぐれも、滞納にはご注意ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次