\ ポイント最大44.5倍! /

合法的に中古スマホを転売するやり方|金欠時に違法性なく高額で売ってしのぐ

中古スマホを転売して急場しのぎする方法|簡単に違法性なく高額で売れる秘密
  • URLをコピーしました!

今月のお金ピンチだなぁ…

給料日までお金がないって経験は、誰でも一度はしたことがあるのではないでしょうか。

冠婚葬祭、急な体調不良でかかる病院代、今の御時世ではもしかしたら会社都合で給料の入金が遅れてしまうなんてこともあるかもしれませんね。

こんな不測の事態を考えれば考えるほど、お金がない時期は不安になってしまうもの。

ここからは本当の窮地に陥ったときにだけ使える、私が隠し持っている最終手段をみなさまにお伝えいたします。

結論から言いますと、スマホを売ることです。

この記事でわかること

  • 中古スマホが高額で売れる理由
  • 中古スマホを売る方法
  • 裏ワザ的に新品スマホを転売する方法

ちなみに、自分が使っているスマホを売ることは全然違法ではありません。

この方法を覚えておけば「急な出費も乗り切れる!」とわかって、不安はグッと少なくなりますよ。

安心した生活を送るためのお守りのひとつとして、ぜひ身に着けてください。

管理人補足

中古スマホを転売する目的で購入したりした場合には、古物商許可が必要が必要になります。
つまり、ビジネスとして生業にしている人は古物商の届け出が必要です。

目次

中古スマホが高値で売れる理由は市場が拡大したため

中古スマホが高値で売れる理由は市場が拡大したため

生活するには、なくてはならないものの最優先に挙げられるようになったスマホ(スマートフォン)。

今や、財布を持たなくてもスマホひとつあればコンビニで買物や支払いできる時代になりました。

実は今、中古スマホ市場が賑わっているおかげで、結構高く買い取ってもらえるのです。

中古スマホが人気になった3つの理由

余り知られていませんが中古スマホ市場は、ずっと右肩上がりで成長している分野なのです。

スマホの中古市場が活性化している大きな理由は3つあるといわれています。

中古スマホが人気の理由

  1. 新品のスマホが高くなりすぎた
  2. 中古スマホが簡単に売買できるフリマアプリが普及した
  3. スマホの性能がそこまで劇的に進化していない
  1. 日本で一番売れているAppleのスマホ「iPhone」、新機種の「iPhone 13 Pro」の大容量機種の新品価格は軽く15万円を超えます。10年前に比べ3倍ほどになったそうで、そこまでのお金を払いたくないという人が増えてきました。
  2. メルカリに代表されるフリマアプリが普及したおかげで、個人での中古スマホの売買が活性化され中古スマホを買うことへの抵抗感がなくなってきました。
  3. スマホの性能で重視する部分はカメラの画像や動画の機能です。しかしここ数年カメラの性能に著しい進化がみられなくなりました。

これらの理由により、「スマホは中古でもいいか」という人が増えてきています。

多くの需要があるので、供給の側である中古スマホを売る人も増えてきているのです。

スマホを転売するのは違法?逮捕される?

スマホを転売するのは違法?逮捕される?

スマホを転売すると違法なので逮捕されるという噂があります。

結論から言うと、契約中の携帯機種以外は違法にはなりません。

ただし、逮捕される転売の仕方もあるのでご注意ください。

「携帯電話不正利用防止法」は通話可能な機器

まず、問題になる法律は「携帯電話不正利用防止法」です。

この法律は、特殊詐欺などで使われた携帯電話の契約者がわからない通話が可能な契約中の携帯電話を売り渡して問題になっていた時に施行されました。

「通話が可能な契約中」というのは通話できる状態の携帯電話のことです。

スマホだと通話できるSIMカードを付けたまま転売すれば違法になります。

ここでの解説は、本体機種だけの俗にいう「白ロム」のことなので、法律的にはまったく問題ではありません。

スマホの場合の白ロムとは、SIMカードがない状態のことです。

「古物商」はビジネスや生業としない限り問題なし

一部サイトなどでスマホを売るには、中古品を扱える「古物商」の免許が必要と謳っています。

当たっている場合と関係ない場合があります。

スマホを転売目的で購入し、そのスマホを転売することで生計を立てていて、ビジネスにしている場合は、お近くの警察署で「古物商」の許可申請が必要です。

それは、副業としてでも一緒です。

しかし、ご自身で使っていたり使っている中古のスマホを単発で販売や転売する場合は、古物商などは必要ありません。

なぜなら、ビジネスではないからです。

ですから、残債もないご自身のスマホを個人で売ったり転売するのに誰の何の許可もいりません。

唯一問題になりそうなのは、スマホを売ると臨時収入になるので税金ですかね。

中古スマホは高額でもすぐに売れる時代

中古スマホは高額でもすぐに売れる時代

例えば2019年に発売された「iPhone11 64GB」は、中古買取ショップの場合、買取価格の平均は40,000円前後。※1

ネットオークションの「ヤフオク」やフリマアプリの「メルカリ」などへの出品の場合、中古でも状態が良ければ50,000円前後で落札された履歴もありました。

発売時の価格が90,000円台※2であることを考えると、なかなかの高額です。

※1 傷や付属品欠品など状況によって減額の場合あり
※2 販売元によって価格は異なる

つまり差し迫ってお金が必要になったときに手放せば、ある程度まとまった金額になってくれる救世主。

それがスマホです。

でもスマホを売ったら、使えなくなっちゃうよね?
どうしたらいいのかよくわからない……

なんて感じる方もいるかと思いますがご安心ください。

次の章から詳細にご説明します。

現在のスマホを売る時はこの3ステップだけでOK

現在のスマホを売る時はこの3ステップだけでOK

今現在使っているスマホを売ろうするときは、3つのステップをクリアするだけです。

  1. 新しいスマホを買う
  2. 新しいスマホへ必要なデータを移動する
  3. 初期化した古いスマホを売る

たったこれだけです。

3ステップを順番に説明していきます。

新しいスマホを買う

「買い替えの時期を早めて、新しいスマホを手に入れてから、古いスマホを売ってお金にする」
というものです。

そのためスマホが使えなくなる期間はありませんので、ご安心ください。

まずは新しいスマホを買いに行きましょう。

スマホは好きな会社の好きなものを選んでOKです。

私の一押しは、家電量販店へ行って以下のことを伝えると非常にスムーズに事が運びます。

  • 今の携帯会社から他社へののりかえ(MNP)も含めて、契約を検討している
  • スマホはこの機会に買い換えたい
  • スマホの本体代金は分割払いにしたい

これで、店頭での支払0円でスマホが手に入ります!※3

※3 頭金設定のある店舗を除く。契約時に要確認。

今契約している携帯会社で機種変更をしてもOKですが、のりかえ(MNP)契約に支障がないようであれば、機種変更をするよりも安く手に入れられる可能性があります。

家電量販店は隠しキャンペーンがあったりするので、ぜひ気軽に聞いてみましょう。

うまくいけば今よりも安いプランに変更もできて、一石二鳥ですよ。

新しいスマホへ必要なデータを移動する

スマホを購入した携帯会社によっては、データ移行の方法について資料をくれることがあります。

もしもらえなくても、Google検索などで【iPhone(機種名)機種変更 データ移行】とググるとたくさん情報が出てきます。

パソコンがなくてもできる方法はたくさんありますので、みなさんの状況にあった方法で必要なデータを確保してくださいね。

所要時間はデータ量にもよりますが、半日から1日あれば十分だと思います。

初期化した古いスマホを売る

売る方法は大きく分けて2つです。

  • 中古買取ショップ(ゲオ・じゃんぱらなど)
  • ネットオークションやフリマアプリ(ヤフオク・メルカリなど)

一般的にはネットオークションやフリマアプリの方が高く売れます。

しかし、以下のようなデメリットがあります。

スマホをネットで売るデメリット
  • 売れてから現金化できるまでに、1週間程度かかる場合がある
  • 落札者とのやりとり・梱包・発送など、手間がかかる
  • 売るスマホに残債(分割支払の残額)がある場合、出品できない
  • データを消し忘れて発送し、トラブルに巻き込まれる可能性がある

そのため、よほどスマホの操作やネットオークションに慣れていない限りは、中古買取ショップを利用することをおすすめします。

残債がある場合は「じゃんぱら」がおすすめ

もし分割で購入してまだ残債があるスマホを売りたい場合は、「じゃんぱら」のケータイ・スマホ分割買取サービスを利用しましょう。

買取当日に受け取れる金額は、買取額の最大50%になってしまいますが、私が知る限り残債があるスマホを買い取る唯一のサービスです。

買取額の残り金額は、残債完済後にじゃんぱらへ申請をすると振込で支払われます。

いずれの方法でも、売る前に必ずスマホを初期化してデータを守りましょう。

実店舗もあるので近所にある人は持ち込みも可能です。

\ 公式サイトはこちら /

裏技的に新しいスマホを購入し売る方法

裏技的に新しいスマホを購入し売る方法

裏技というか番外編として、今使っているスマホではなく、新しいスマホを売る方法をお伝えしたいと思います。

ここまでは「新しいスマホを購入して、古いスマホを売る」
という方法を取りましたが、「古いスマホではなく、新しいスマホを売る」という裏技もあります。

メルカリなどでもお目にかかると思いますが、個人の人が新品のスマホを出品しています。

あくまで、衝動買いでスマホを購入したけど今のスマホでいいやと思った人用のお話です。

この方法がオススメの人

  • 今使っているスマホの性能に不満がなく買い換えたけどもったいなかったと思った人
  • 新しいスマホを購入したけどお金が必要になった人
  • スマホ転売の方法を知識として知っておきたい人

さて、この方法を実行するにあたり重要なポイントは「新品販売額よりも買取額のほうが高い機種を狙うこと」です。

そんなことありえないでしょ?

という声が聞こえてきそうですが、あるんです。

例えば、2020年発売モデルのiPhoneSE(第2世代)64GBは、現在主に家電量販店で不定期に一括10,000円前後で投げ売りされています。

対して、中古買取相場は20,000円前後。

つまり家電量販店での購入金額と買取額の差額が、手元に残ります。

大抵の店舗では、

  • のりかえ(MNP)で契約
  • 指定プラン加入

などの条件を設定していますが、それらをクリアできれば十分におトクですよね。

つまり新規契約者を増やしたい携帯会社・販売店が、型落ちのスマホ端末代金にがっつり割引を入れるキャンペーンをしているので、それを利用するということです。

※この記事は2021年12月24日に投稿した情報です。今現在ではないのでご注意ください。

転売目的だと販売店でバレないでスマホを購入する方法

ここで注意するべきは、「転売目的(すぐに売りはらうつもりで購入をすること)のお客さんを、断る方針を取る販売店が多いこと」です。

購入したスマホをすぐに売り払うこと自体は、私物を処分しているだけなので違法ではありません。

しかし、転売する人=すぐに通信契約も解約してしまう人である確率が高いため、販売店がそのような基準を設けていることが多いです。

もともと携帯会社の契約者を増やすためのキャンペーンなので、販売店側からすれば当然の措置かと思います。

ですから販売店側に転売すると思われないことが重要です。

安く買えるなら、このスマホを試しに使ってみたいんです。

というスタンスで話を聞きに行く必要があります。

そして、契約成立後はその携帯会社(SIMカード)を少なくとも半年は利用することです。

それは違うスマホでも構いません。

各携帯会社では「短期解約」をしたことがある利用者に対して、その後の審査を厳しくしているという噂があります。

私も実際に販売店のスタッフから、それらしき案内を受けたことがありました。

審査内容・基準はそもそも非公開のため、どれくらいの期間が短期とされているかは不明ですが、おおよそ3ヶ月~半年説が有力です。

お金のピンチ回避はもちろん大切ですが、今後の審査に悪影響を残すことは避けて行動しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「中古スマホを売ってピンチを切り抜ける方法」の説明は以上になります。

ご紹介した内容はあくまで一例のため、各携帯会社・販売店・キャンペーン内容・みなさんの契約状況によって詳細は異なります。

実行の際は、必ずスタッフへ詳細を確認してくださいね。

また今回の方法は、短期に何度も使用することはできませんので、伝家の宝刀を抜くような感覚で捉えていただけますと幸いです。

注意点は多いですが、緊急時にまとまった金額を用立てられる心強い方法です。

心の安定剤のひとつとして、ぜひ覚えておいてください!

おわり

Appleの「iPhoneのスマホ」は後払いのペイディで金利手数料なく分割することも可能です。
詳しくはこちらの記事でで解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次